MENU

沿革History

地域に愛される企業を目指して

より良い環境づくりと、快適な暮らしを求めて、着実に歩む天野工業

1936(昭和11)年6月 山梨県大月市笹子(当時笹子村)に個人経営として天野義治が 荻野組 天野工業所 創業、山梨県発注による河川、砂防、道路等の各工事契約を開始する。
1942(昭和17)年11月
1945(昭和20)年9月
応召により事業を中断する。
1949(昭和24)年4月 山梨県と治山工事の初の請負契約をする。
甲斐治山会(現在の山梨県治山林道協会の前身)創設される。
1949(昭和24)年6月 建設業法が施行され、同時に山梨県知事登録建設業者となる。引き続き各種工事の請負施工に従事する。
1951(昭和26)年5月 東京営林局と国営治山事業の請負契約を始める
静岡、神奈川、千葉、山梨各県の工事を施工する。
1951(昭和26)年12月 個人経営の天野工業所を株式会社天野工業所に組織変えする、資本金100万円。
1952(昭和27)年5月 東日本建設業保証株式会社発足。前払金制度が開始。
1953(昭和28)年1月 東営建設協会(東京営林局管内)発足する。
1954(昭和29)年8月 建設省との工事請負契約開始、今日に至る。
1955(昭和30)年4月 日本道路公団(東京支社)との工事請負契約開始、今日に至る。
1958(昭和33)年3月 地すべり防止法制定され、各地に地すべり工事が発注される。
1958(昭和33)年7月 資本金を300万円に増資する。
1958(昭和33)年11月 山梨県建設業協同組合が発足する。
1959(昭和34)年7月 伊勢湾台風7号来襲、県下に大災害復旧工事が発注される。各災害復旧工事に請負従事する。
東京営林局野呂川治山事業が開始される。以降連年工事を請負従事し、今日に至る。
1961(昭和36)年4月 山梨県建設業協会が、社団法人山梨県建設業協会に改組される。
1962(昭和37)年2月 株式会社天野工業所から天野工業株式会社へ社名変更。
1962(昭和37)年4月 野呂川林道竣工する。
1964(昭和39)年4月 建設業労働災害防止協会、発足する。
大月市と工事請負契約を開始、各種大型工事の請負に従事し、今日に至る。
1972(昭和47)年4月 資本金を600万円に増資する。
1972(昭和47)年7月 建設業許可制となり許可取得、現在に至る。
1975(昭和50)年4月 東京営林局、静岡県由比町に第二由比治山事業所が開設される。同時に地すべり工事の請負施工を開始する。
1977(昭和52)年11月 資本金を1,000万円に増資する。
1983(昭和58)年10月 創業50周年を迎え記念行事を行なう。本社屋新築。
1986(昭和61)年3月 資本金を2,200万円に増資する。
1999(平成11)年7月 本社、社屋改装。
1999(平成11)年12月 品質マネジメント国際規格「IOS 9001」認証取得。
現在まで改定を重ね認証を継続。
2012(平成24)年2月 創業75年周年を迎え記念行事を行なう。
2014(平成26)年1月 派遣事業許可取得、復興支援技術者の派遣を開始する。
2016(平成28)年12月 宮城県石巻市にて震災復興工事契約を開始、現在施工中。